BLOGTOP>>BLOG

錦デンタルクリニックブログ

ブログでは当院のスタッフ日誌、お客様の声および各診療科目について日々更新しています。
ご覧になりたい記事カテゴリーをクリックして下さい。

スポンサーサイト2019.01.21 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

CATEGORY:-
DATE:2019.01.21 Monday
-

歯が痛い 歯の根の病気2017.01.30 Monday

歯科医院を受診される理由の1つに「歯が痛い」と言うのがあります。原因はいくつか考えられるのですが、治療をした歯の内部でむし歯が大きくなり根の先に膿を作ってしまい痛くなることがあります。

(緑の内部に膿が溜まっています)

 

 

治療を行うと中から膿が出てきました。これで痛みが取れ楽になります。また、この場合は麻酔は必要ありませんでした。(状態により異なります)

 

お口のお悩みございましたらお気軽にご相談ください。

CATEGORY:根管治療
DATE:2017.01.30 Monday
comments(0)

歯が欠けた(むし歯が進行している場合)2016.10.05 Wednesday

歯が欠けてしまい歯科医院を受診することもあると思います。今回はむし歯が進行している場合の例を説明します。

青で囲まれた部分がむし歯で歯が欠けてしまった部分です。かなり深いところまでむし歯が進行しています。

 

レントゲンでも黒く歯が溶けていて(赤で囲まれた部分)歯の神経にまで達していることが伺えます。

 

歯を削ってみると銀の詰め物の下にまで広範囲にむし歯になっていました。

 

むし歯をしっかりと除去して歯の神経の治療をラバーダム防湿下で精密に治療を行なっていきます。

 

歯の根の先端までしっかりと治療し、感染物質を確実に除去していきます。

 

しっかりとお薬を根の先端にまで詰め根の治療を行いました。この後、歯の被せ物を作り治療が終了します。

 

お口の病気の特徴の1つが自覚症状があらわれにくいということです。お口のトラブルに見舞われないように定期検診で歯科医院を受診しお口の中のチェックをしましょう!

CATEGORY:根管治療
DATE:2016.10.05 Wednesday
comments(0)

銀歯の中は…2016.10.04 Tuesday

一見、外見からは問題なさそうに見えます。

しかし、

レントゲン(X線)を撮影してみますと銀の詰め物の中が黒く大きなむし歯になっているとことがわかります。

そこで、

銀の詰め物を除去すると中はやはりむし歯になっていて、

むし歯を除去していくと歯の神経にまで達していました。そこで、ラバーダム防湿とよばれる根の管を細菌感染から防ぐ特殊な器具を装着し、精密に高度な歯の根の治療を行います。

すると、

歯の根の先端にまでしっかりと器具が到し、根の管を綺麗に治療することができました。

 

*銀歯はどうしても適合の問題からむし歯になりやすいです。治療後に再びむし歯にならないようにするためにはしっかりとした治療を行うことと、治療後のメインテナンス(定期的な歯のクリーニング)が必須となります。

CATEGORY:根管治療
DATE:2016.10.04 Tuesday
comments(0)

歯の根の治療(根管治療)ラバーダム防湿2016.05.17 Tuesday
歯の根の治療はとても繊細で高度な治療技術・知識が必要です。中でも無菌的に治療環境を整え”小さな手術室を作る”と形容されるラバーダム防湿は1番基本であり重要なことです。残念ながら現在の日本の歯科治療ではあまり使用されていない技術なのですが錦デンタルクリニックでは患者さまにより良い治療結果をご提供するために日常的に使用しております。
ラバーダム防湿の意義:無菌的な環境を作ることができる。/器具の紛失を予防できる。/治療部位に集中して治療が行える。/唾液や血液などの汚染を予防できる。/しない場合と比較して治療成績が良い。。などです。

CATEGORY:根管治療
DATE:2016.05.17 Tuesday
comments(0)

歯の根の治療を放置2014.10.20 Monday
 歯の根はとても複雑な形態をしています。治療の途中に種類、方法は複数あるのですが根にお薬を詰めて内部をキレイにしていきます。しかし、治療を中断してしまいますとお薬の効果もなくなり、却って細菌の温床となってしまうことがあります。
これは、根の中に詰めていた綿なのですが感染してしまい、腐って、膿みがついています。自覚症状は個人差がありますが、痛んだり、腫れたりする場合もあります。
歯の根の治療を途中のままにされている方は自覚症状の有無にかかわらず早めに歯科医院を受診されることをお勧め致します。

CATEGORY:根管治療
DATE:2014.10.20 Monday
comments(0)

  • 1/2PAGES
CALENDER
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
RECENT ENTRIES
ARCHIVES

pageTop

錦デンタルクリニック